キャバクラやガールズバーのアルバイト求人をお探しの方に最適な情報サイトです。

最終更新日:2019年09月22日

千葉の田舎の盛り場・四街道でキャバクラのバイト

OKサインをだす女性 (2)

首都圏でもチョット千葉の田舎の方になりますけど、四街道というところでキャバクラの仕事をしていました。

初めのうちは千葉の田舎から、通勤で千葉の繁華街のオフィスビルに派遣社員として勤務していましたが、しかし、時間制のパートのようなものでどうしてもお給料のほうはイマイチですし、そんな感じで初めのうちは千葉の栄町のほうで大手の居酒屋、そして風俗関係、それに近所のキャバクラでバイトなどの仕事をしていました。

勿論、あの頃は夜の接客の仕事というのは初めてで未経験でしたが、少なくとも個人の男性客相手の風俗関係よりはマシではないかと思い、体入(体験入店)しながらも、店長さんにおだてられながら、何とかそのキャバクラの仕事を何とかこなしていました。

そして最近では通勤途上の新装成ったキャバクラで新規にバイトを募集している事を知り、改めてその求人に応募して、最近では四街道のほうでお仕事をするようになったのです。そして、今でも何とか頑張って夜のお仕事をしています。

ところで、確かに最近のキャバクラやクラブなどの接客業のお仕事と言うのは、何となく華やかなイメージがあり、高給が得られると言う事もあって、若い女性たちが憧れるお仕事にもなっているようです。お店から借りられる素敵で綺麗なドレスを身に纏いながら、、主に男性のお客様さんと賑やかに楽しくお話をしながら、チョット好きなお酒を(勿論、お客さんのお酒ですが)チョット嗜むだけで、高いお給料が戴けると言うのは魅力でもありますね。

ただ、キャバクラのお仕事の求人広告の内容などを見ると、先ず高収入で未経験者でも可であり、ノルマなどは一切無く、そしてアットホームなお店でお酒が飲めなくても大丈夫等、うたい文句にして募集していますが、実際に千葉のほうで体験した事は結構厳しい面もありました。ところが四街道はやや田舎くさい面もあり、客層も農家のオッちゃん風のような人も結構多く、意外とノンビリとして鷹揚にして仕事が出来るのがいいですね。

ところで実際のキャバクラの仕事というのは、席に座っている時は男性のお客さんとの身体が密着するような格好や形になりますので、どうしても体と体が密着する状態になることがたまにあります。

でも実際のキャバの仕事で、そんな事でいちいち気を使っていたら接客業の仕事は出来ませんので、自然と当たり前のような気持ちになってくるのも確かなことです。

それよりキャバクラの本来の仕事は男性客に大いにモテなくてはなりませんし、その為の最大の仕事の目的は男性客に何回指名されるかが勝負であり、お店のためにも勿論自身のためにもお客を大事にすることが大切なことなのです。

つまり、男性客はパートナーとしてつねにもつなぎ留めておくことが大切なことであり、何回もお客さんに来てもらうことが大事なのです。それによってお店も成り立っているし、何より私達のお給料も良くなるというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめキャバクラ求人
TRY18